時代屋さんの人力車に乗ってみた

浅草観光ガイド

浅草は江戸っ子じゃない人達でいっぱい

浅草巡りと言えば人力車、これであなたも浅草通!

浅草情緒を味わいたいならなんといっても人力車!
浅草観光ガイドも務めてくれる車夫さんが浅草の歴史や豆知識などを交えながら案内してくれます。

あっくんの写真車夫さん紹介
今回私たちの車夫さんは、時代屋の樗澤 昭彦(ブナザワ アキヒコ)さん。
通称『あっくん』は元気いっぱい!活気あふれる粋なお兄さんです。

コースは30分〜3時間といろいろ。
修学旅行の生徒さん向けの10分1,000円のお試しコースもあります。
今回はあっくんオススメの『あっくんスペシャル』に決定!
二人で16,000円のコースでした。



雷門から出発ですいざ出発
お客様のご希望に合わせて車夫さんがコースを選んでくれます。『歴史巡りがしたい』とか『お土産を買いたい』とリクエストしてみて下さい。私たちは浅草全体を巡りたいとお願いしました。雷門から出発!




浅草の有名店やおススメ店をご案内
浅草演芸ホールコースはあらかじめ設定されているものの
歴史ある名所・お土産店・グルメ店など案内してほしいところはご希望に応じてコースを多少アレンジしてくれます。
ポイントになる所でスナップ写真を撮ってもらえたり、車から降りてお兄さんと一緒に名所をじっくり見ることができたり・・・
思っていたよりもサービス満点。
ローヤル珈琲店 神谷バー たぬき通り
ローヤル珈琲店
TVで紹介されたことも。
神谷バー
戦争で焼け残った建物の一つ。デンキブランが有名です。
たぬき通り
通りには12匹のご利益たぬきが鎮座しています。それぞれに願かけがあるので探してみてね。



ボン・ソワール 東南屋 べんがら
ボン・ソワール
勝新太郎・中村玉緒夫妻が食事に来ていたお店だそうです。
東南屋
日本料理店。メトロ通りにあります。
べんがら
のれんの専門店。和風小物も充実してます。




ちょっと知らない浅草も案内してもらいました
浅草神社砂利道でも何のその。人力車でどんどん入っちゃいます。
三社祭の時は、大勢の人が集まる浅草神社も普段は左のようにひっそりとしています。

二天門
二天門
雷門のちょうちんと比べるとかなり古いちょうちんです。それもそのはず戦火をまぬがれて唯一残ったちょうちんなんだそうです。
浅草寺の裏側
浅草寺の裏側
普段表からしか見ない浅草寺。裏側はこんな凝った造りになっていたとは知りませんでした。
車を降りて待乳山聖天を散策
人力車を降りて案内してもらいました有名な観光名所浅草なのに初めて聞く『待乳山聖天』。「まつちやましょうてん」と読むそうです。ここでは人力車を降りて一緒に参道を上りました。

神社境内 参道の下から ちらっと




まとめ
1時間半の観光とは思えないほど盛りだくさんで楽しめました。
浅草の歴史や名店巡り、そしていつもよりちょっと高い人力車からの眺めが忘れられない浅草観光になりました。
最後に人力車を曳かせてもらったのですが、やっぱり重かった。車夫さんは私たちを乗せて軽々と運び、要所要所で楽しいお話もしてくれて本当に中身の濃い時間が過ごせました。ありがとう、あっくん!

絵はがき
お土産に絵はがきをもらいました。



時代屋さんのお問い合わせ先
時代屋のみなさん
雷門の前にいる藍のはっぴが目印です。
お気軽に声をおかけください。
※お問い合わせの際はぜひ「浅草もんじゃ焼.comを見た!」と
 いってくださいネ。
住所 (事務所)
東京都台東区浅草3-22-11-404
(店 舗)
東京都台東区雷門2-3-4
お問い合わせTEL 03-3843-0890
Eメール info@jidaiya.biz
ホームページ 浅草いーとこ
http://www.asakusa-e.com

女性の車夫さんもいます おまけ
時代屋さんには女性の車夫さんも
いらっしゃるそうです。